仏教と批判的合理主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

斧節

leaf小野不一氏の文章

  小野不一氏のブログ「斧節」を読んでいて、興味深い文章に遭遇したので記録しておこうと思う。

  わたしが関心したのは以下の文章(前後の文脈は各自で確認されたい)。

  長くなったので結論だけ書いておこう。

  ・祈りは絶対にかなう。
  ・死後の生命の存在。
  ・物語としての因果論。

  ここから脱却しない限り、21世紀の宗教たり得ない。これらは既に科学領域で完全に否定されているのだ。

(「スピリチュアル系創価学会員に告ぐ」、http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20110702/p2


leaf師なりとも誤ある者をば捨つべし

  まず、誤解のないように言っておくと、わたしじしんは、もともと、「死後の生命の存在」をきっぱりと否定する立場である(以下を参照されたい)。

輪廻説は仏教ではない
http://fallibilism.web.fc2.com/z006.html
  なので、わたしが関心したのは、小野氏の主張の中身にではない。

  小野不一という人物がそのように主張しているということに、わたしは大いに関心したのである。

  というのも、小野氏の主張は、彼が「師匠」として尊敬する創価学会の池田大作名誉会長の主張を真っ向から否定するものだからである。

  池田名誉会長らは、『法華経の智慧』第4巻において、死後の生命の存在を肯定するキューブラー=ロス氏やレイモンド・ムーディ氏の研究を「学問的研究」などと言っていたが、小野氏によれば、死後の生命の存在は「既に科学領域で完全に否定されている」とのことである。

  日蓮は「師なりとも誤ある者をば捨つべし又捨てざる義も有るべし世間仏法の道理によるべきなり」(「曾谷殿御返事」、創価学会版全集、pp.1055 -1056)と言っているが、そのような日蓮の精神を小野氏は継承していると言ってもよいのではないだろうか。

  もっとも、小野氏の文体には、「上から目線」的なところが多々見られるので、その点はとても残念に思う。ご本人は戦略的に意図してやられているのかもしれないが、わたしとしては、そのような文体は是非とも改めて欲しいと切に願う。


スポンサーサイト
  1. 2011/07/03(日) 04:28:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<真理という名の迷宮 | ホーム | 財務なんてどうでもいい>>

コメント

ご忠告に感謝

こっちも読んでね(笑)。

宗教OS論の覚え書き
http://sessendo.blogspot.com/2011/05/os.html
  1. 2011/07/03(日) 19:56:14 |
  2. URL |
  3. 小野不一 #IOg9bXQk
  4. [ 編集]

「余計なお世話」だったかな?

 小野さん、わざわざコメントありがとうございました。
 
 「宗教OS論の覚え書き」のほうは、残念ながら、現在のわたしの理解力を超えているようです。
 
 「自分の目の高さが世界の全てだと思い込んでいる連中はコミュニケーションが極めて難しい」というご意見も拝見しました。

 わたしの忠告は「余計なお世話」だったかな?
 
 小野さんの益々のご活躍を心より期待しています。
  1. 2011/07/03(日) 22:20:49 |
  2. URL |
  3. Libra #cNf7QC.Q
  4. [ 編集]

「自分の目の高さが世界の全てだと思い込んでいる連中はコミュニケーションが極めて難しい」というのは、ツイッターで絡んできた学会員に対して書いたもの。

私は色々と批判しているように見えるだろうが、実は批判からも離れている。批判にとどまってしまえば、位置が反対になっただけにすぎないわけだから。

言葉(教義)を絶対視する眼差しは、ブッダや日蓮にはなかったことと思う。そもそも悟りを言語化することが不可能であると考えている。
  1. 2011/07/04(月) 00:53:14 |
  2. URL |
  3. 小野不一 #IOg9bXQk
  4. [ 編集]

宗教OS論

脳科学的に見れば、宗教はOSに過ぎない。極端にいえば教義も情報。自我すら情報といえる。で、脳機能は因果関係に支配されて物語を生んでしまう。これを打ち破ったのが諸法無我だと思う。

宗教が単なる機能であれば、結果オーライとなれば、どの宗教でも構わないわけだ。ところが真の宗教性というものは確かに存在する。

取り敢えず現時点では仏教の内部でごちゃごちゃやっていてもしようがない。キリスト教世界に対して明確なメッセージを発信するのが先決。
  1. 2011/07/04(月) 01:01:07 |
  2. URL |
  3. 小野不一 #IOg9bXQk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fallibilism.blog69.fc2.com/tb.php/30-2df579ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

記事一覧

カテゴリー

プロフィール

Author: Libra

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。