仏教と批判的合理主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

絶対的正義と相対的正義

 犬のメメさんのところでわたしがやった議論は、ひとことでいうなら、「絶対的な正義が存在する」とゆーものだ。この場合の「絶対的な正義」とは、社会の構成員全員が認めざるを得ない正義という意味である。社会の構成員全員に通用する正義といってもいい。

 具体的にいえばこうだ。「正当な理由なく、ある構成員が、他の構成員の生命を奪うことはあきらかに正義に反するし、それを阻止することはあきらかに正義であるし、そのような不正義/正義は社会の構成員全員に通じる不正義/正義である」と。

 たぶん、厳密に議論しようとすれば、「正当な理由なく」という部分についていろいろと述べなければならないんだろうが、それは今は省略する。

 社会の構成員はそれぞれ自らの望む価値の実現をめざそうとするわけであるが、それは、生命が維持されていてはじめて可能になるのである。そうである以上は、上に書いたような正義は、いわば最低限の正義として、構成員のすべてが認めざるを得ないはずである。これは、要するに、「生命は基底的価値である」ということなのであるが、それについての詳しい議論は別の記事「特殊正義論・再論」に譲る。

 しかし、「絶対的な正義が存在する」からといって、すべての正義が絶対的であるわけではもちろんない。正義には相対的なものもたしかにあるのだ。もちろん、ここでいう「相対的な正義」とは、社会の構成員全員に通用するわけではない正義とゆー意味である。

 あそこでのわたしの課題は、「あらゆる正義は相対的なものにすぎない」とゆーような誤った考えを破壊するというただ1点だったわけだが、結局、それすらも達成できず、当然、相対的な正義についての話にまで議論が進むことはなかったけれども、とにかく、相対的な正義もたしかにあるのだ。しかし、相対的な正義しかないわけではないよ。そこを間違ってはいけない。このことは何度でも言っておく必要があるみたい。なぜだか、このことを認めたがらない人が実に多いから。

 絶対的な正義に反することは、絶対的な不正義である。しかし、相対的な正義に反することは、また別の相対的な正義でありうる。

 すなわち、構成員の間で、それぞれの相対的な正義どうしが対立するという事態が生じうるとゆーことだ。こういった場合には、もはや、相手を不正であると非難することはそもそも不可能であることに注意してもらいたい。相対的な正義に反することは、また別の相対的な正義でありうるのだから。
 
 さりとて、彼らは、実力をもって相手の存在を消し去ることにより、自らの相対的正義を実現するわけにもいかないのである。なぜなら、それはまさに絶対的不正義そのものであるからだ。相対的であるとはいえ、曲がりなりにも正義を標榜しようとしている彼らが絶対的不正義をなすわけにはいかないのである。

 結局、このように、相対的な正義どうしが対立する場合には、お互いが相手方の正義と真摯に向き合って、調整を試みる他はあるまい。相手を不正であると非難することもできず、かといって、実力をもって相手の存在を消し去ることもできないのだから、そうするしか道はないのである。

 しかし、その調整は、常にうまくいくとは限らない。どうやってもうまくいかないような場合でも、結局のところは、それらの一方は優先され、一方は否定されざるをえない。

 とゆーわけで、社会には、それを実際に行なうための智慧(システム)が必要になるわけだ。現実のこの社会でいうなら、たとえば、法律(多数決によって定められた規範)と裁判制度(個別の事実を法律にあてはめて、一方の正義を優先し、一方の正義を否定する装置)はその代表選手といってもよろしかろう。

 もっとも、一方を優先し、一方を否定するといっても、「否定される側に配慮して優先する側を修正する、といったプロセスが必要」[*]になる場合も当然あります。このことはさっき勉強したんだけども。

 以上、犬のメメさんのところで論じ残したことを書いた。

[*] 小林和之『「おろかもの」の正義論』〔ちくま新書509〕(筑摩書房、2004年)の105頁。


【2009.04.21 付記】
さきほど「特殊正義論・再論」をアップしたのにともない、この記事も多少修正しますた。





スポンサーサイト
  1. 2009/04/20(月) 00:57:20|
  2. 思想一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<特殊正義論・再論 | ホーム | 携帯サイト作った>>

コメント

議論に参加したかったぜ!

初めまして。
私も貴方の考えと一部似た考えを持っています。

それは、絶対的正義が存在するということ。
私の中の絶対的正義とは
第一、万民の幸福を願うこと。※1
第二、生命の価値を至上価値とし、それを維持するための道徳的手段を善とする。※2
第三、平等に限りなく近い状態を一定期間をおいて、再形成し、その上にのみ成立する公平を一時的に維持し、平等の再形成に従って解体すること。※3
第四、他人を思いやること。しかしその他人が道徳や絶対的正義を犯した場合はこの限りではない。
第五、道徳や絶対的正義に対する無知とそれに反する諸々の行為を悪とし、制裁を加えること。※4
第六、厚生経済学のパレート最適において、もっとも優れた資産分配、所得配分を達成すること。ただし、各々の個人は「第二」に挙げた生命を至上価値とすることから、生命の維持に不可欠な効用を基礎かつ最大の効用とし、その効用は個人差がないものとする。
第七、万民の幸福を経済的な充足に基準を置き、それを達成することを行政、立法機関が努めること。※5
第八、絶対的正義は、全ての国、民族、人種、伝統、宗教に属するものではなく、またこれらの影響を一切受けてはならない。

※1、万民の幸福を願うことであり、万民の幸福を達成するために義務を課しているわけではない。

※2、生命を維持するために何をしても良いわけではない。生命を維持するためであっても絶対的正義や道徳を遵守する者の生命を脅かしてはならない。相手が悪人(正義や道徳を犯す者)であった場合はこの限りではない。

※3、平等の形成は所得再分配によって行う。所得再分配効果を最大にするために、所得税、相続税を可能な限り引き上げなければならない。また、他国に逃げる富裕層を考え、全ての国において所得税、相続税の税率を同率にするべきである。

※4、ここでは、荀子の性悪説、法家であるカンピの思想に重きをおいた考えをとっている。道徳における無知を悪と捉えることが自然であり、無論道徳とは人類社会の存続のために生み出されたものであるから、赤子が知るはずも無いので、赤子は悪であるという考えに行き着く。

※5、行政や立法は官僚が行うのではなく、絶対的正義と道徳を重んじる教養のある全ての一般人が定期的に交代して行うべきである。

なお、絶対的正義は存在するが、相対的正義は存在しないものとする。
正義とは、立場や地位によって変わってはならず、「第八」でも記したとおり、国や宗教、民族、伝統とは乖離した存在であり、国や民族、宗教の利益を優先的にとらえ、他国や他宗教、他民族を侵すのは明らかな絶対的悪である。
ただし、絶対的正義や道徳を犯す国や民族、宗教はこの正義による保護を受けてはならない。

  1. 2011/07/10(日) 23:58:05 |
  2. URL |
  3. かー太 #halAVcVc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fallibilism.blog69.fc2.com/tb.php/23-0577e6e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

記事一覧

カテゴリー

プロフィール

Author: Libra

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。