仏教と批判的合理主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イントロダクション

leaf このブログの目的

 このブログでは、仏教批判的合理主義について研究していきたいとおもいます。

 といっても、内容じたいは、ホームページ「NOTHING TO YOU」の焼き直しにしかならないかもしれません。

 しかし、上記のホームページとは違って、このブログでは、多少厳密さを犠牲にしてでも、できるだけわかりやすい記事作りをこころがけていきたいと考えています。


leaf アルブレヒト・デューラーの言葉

 わたしは、読者の方々に、わたしと同じ見解、立場をとってもらいたいがためにこのブログをはじめるわけではありません。むしろ、わたしよりも有能な人が、わたしの間違いを明らかにして、論破してくださることを心より期待しています。その表明として、アルブレヒト・デューラーの言葉をここに引用しておきたいとおもいます。

しかし、わたしよりも有能な者が真実を推察し、その仕事の中でわたしの間違いを証明して、論破できるようにするために、わたしが学んだ僅かばかりのものを世に出そうと思います。ここにおいて、自分がその真実の明らかにされるに至る手段になったということに、わたしは喜びを感じます。

(カール・R・ポパー『確定性の世界』〔田島裕訳、信山社、1998年〕の 88ページから孫引き)

スポンサーサイト
  1. 2006/12/07(木) 20:10:00|
  2. その他
  3. | コメント:11
<<真理について | ホーム |

コメント

こんばんは

はじめまして
こんばんは。
 えー、コメントするのに緊張しております。なんというか、そのだいぶ以前からLibraさんのHPは知っていましたが、当時は創価の教義が一番だと思っていたので有る意味で分かっていました。
「あぁ、分かった。libraさんのHPは全部間違っている事が。」
でした。今は
「あぁ全然分かってなかった。間違っていたのは私。」
頭悪い私ですがよろしくお願いいたします。Libraさんがネットに戻られて私は凄く嬉しいです。(n‘∀‘)η
  1. 2006/12/07(木) 23:59:03 |
  2. URL |
  3. そううそ #-
  4. [ 編集]

Libraさん、お久しぶりです。

>アルブレヒト・デューラーの言葉
私はLibraさんより有能でもなく間違いを明らかにできなく論破もできないかもしれませんが腑に落ちない部分が出てきたのでぼちぼちお話したいと思います。
Libraさんは仏教や哲学(や他のネット関係でも)お世話になっているのでどうも矛先が向かないですが、もし必要とあらば(デューラーの言葉の引用は挑戦状?)のであれば私が創価擁護の人間に対するようにLibraさんにも容赦なくいくということも考えに浮かびました。
惣流さんなどLibraさんを高飛車に論破しようとした方がどうなったか、あるいは三吉さんとの対話を思い出し、久々に襟を正せざるを得ません。
  1. 2006/12/08(金) 01:27:01 |
  2. URL |
  3. Leo #k12f31x.
  4. [ 編集]

そううそさん、はじめまして

 はじめまして。こんばんは。
 本ブログ最初のコメント、ありがたく読ませていただきました。
 こっそりとはじめたので、しばらくは誰も来てくれないだろうと
おもっていましたが、思いがけずこんなにも早くコメントがあって、
とてもうれしく思っています。
 そううそさんのブログをこれからじっくり読ませて頂こうとおも
います。
 本ブログは、まともな記事がまだ1つもないという非常におそま
つな状態ですが、これから少しずつ充実させていきますので、また
コメントしていただければさいわいです。
  1. 2006/12/08(金) 20:53:58 |
  2. URL |
  3. Libra #cNf7QC.Q
  4. [ 編集]

Leoさん、お久しぶりです

 コメントありがとうございました。
 「腑に落ちない部分」についてのお話をたのしみにしています。
 人を殺すと犯罪者になりますが、理論を死なせれば多くの人から
尊敬されるでしょう。もちろんわたしも尊敬します。たとえ、死ぬ
のがわたしじしんの理論でも。
  1. 2006/12/08(金) 21:16:29 |
  2. URL |
  3. Libra #cNf7QC.Q
  4. [ 編集]

はじめまして

Libraさん初めまして。
ブログの再開?楽しみに待っていました。HPの記事は全てではありませんが読ませて頂いてます。
40歳の婦人部の私ですが、正しい教義を学んでいきたいと思いますので、分かりやすく教えて頂きたいと思います。
そううそさんと同じレベルで結構です。笑
創価の救世主たれ!との願いをこめて・・
よろしくお願い致します。
  1. 2006/12/09(土) 00:13:10 |
  2. URL |
  3. みみちゃん #-
  4. [ 編集]

Libraさん、こんばんは。

> 「腑に落ちない部分」についてのお話をたのしみにしています。
よろしくお願いします。
> 人を殺すと犯罪者になりますが、理論を死なせれば多くの人から
>尊敬されるでしょう。もちろんわたしも尊敬します。たとえ、死ぬ
>のがわたしじしんの理論でも。
このお話を聞いて...理論を死なせならなければならないのは
むしろ開かれた社会の敵の理論であり彼らの淘汰圧となること、
こちらでの研鑽がその一歩となればと思いました。
  1. 2006/12/09(土) 02:41:44 |
  2. URL |
  3. Leo #k12f31x.
  4. [ 編集]

みみちゃんさん、はじめまして

 「みみちゃんさん」とお呼びすればよろしいでしょうか。どうも
はじめまして。よろしくお願いいたします。
 「正しい教義」を「分かりやすく」とのことですが、それなら、
魯の人さんの本などを読まれたほうがよいかもしれません(わたし
は読んでませんが)。
 今回、そううそさんと教義について、いっしょに考えてみようと
おもっていますので、もしよろしければ、参考にしてください(ま
だ具体的にどうやるかは未定ですが)。ペースはゆっくりになると
おもいます。
  1. 2006/12/09(土) 19:52:26 |
  2. URL |
  3. Libra #cNf7QC.Q
  4. [ 編集]

素朴な疑問

Libraさん、こんばんは。
>> 「腑に落ちない部分」についてのお話をたのしみにしています。
>
>よろしくお願いします。
一つ目の疑問は以前NOTHING TO YOU BBSでLibraさんが下記のように仰っていたより良いものに変えていくという創価学会がはたして存在するかということです。確かに創価学会は時代によって微妙に変化しますが組織として十分より良いものに変わるかということが組織の現状を見ていて疑問だったのです。
○ NOTHING TO YOU BBSの記録、この掲示板の目的と使用上のルール
http://fallibilism.web.fc2.com/bbslog000.html
「《創価学会をより良いものに変えていくにはどうすればよいか》」
この件についてはそううそさんのブログで引用されている資料が
参考になりました。組織としてはあまり期待できなくとも、少数の
有志の方が良いものを提示されその結果はじめは少数の人であってもより良くなるということは意味があると思います。(まずは一人からという思想は創価思想{人間革命}にもあるぐらいです...)
○ 友岡雅弥さんのセミナーです。1
http://plaza.rakuten.co.jp/karagura56/diary/200604070000/
二つ目の疑問は現代において法華経や日蓮聖人の思想は現代に残る部分があるにせよ十分意味のあるものかということでした。
この件も丁度そううそさんのところの書き込みが参考になりました。非バリバリ系教学が存在するのであれば、それらを支持し参考にします。(法華経や日蓮聖人の思想についてはただ妄信するというのではなく批判的継承を行うのですね...)
絶望的にバリバリ系教学しか存在しない(あるいは存在し得ない)と私は勘違いしておりました。
三番目の疑問は仏教の現代における実践論です。
この件も二番目の件を参考に自分でよくよく考えてみるしかありません。仏教の中心思想を胸に社会生活をおくるという感じでしょうか。
Libraさんに質問するつもりでなんだか自己完結的になってしまいましたがそううそさんの所の書き込みをしばし参考にさせていただきたいと思います。
  1. 2006/12/11(月) 00:53:14 |
  2. URL |
  3. Leo #-
  4. [ 編集]

Leoさん
こんばんは。
とても恐縮です。
>「《創価学会をより良いものに変えていくにはどうすればよいか》」
>この件についてはそううそさんのブログで引用されている資料が参考
あまり自覚がないのですが、どこでそうお感じになられましたでしょうか?
>法華経や日蓮聖人の思想は現代に残る部分があるにせよ十分意味のあるものかということでした。
>この件も丁度そううそさんのところの書き込みが参考
これも驚きました。どこでそうお感じになられましたでしょうか?
アンチ創価のブログで否定的な事しか書いていないはずですが、日蓮の慈悲や優しさでしょうか?じつは日蓮の肯定(慈悲)は私の中にあるのですが、まだ書いていません。
Libraさんのサイトほど学会教学を批判と肯定しているサイトはないと思います。悪く書くと教学を破壊しているのですが、私のサイトはまだ中途半端でそれほど破壊していません。(笑)
  1. 2006/12/13(水) 02:01:25 |
  2. URL |
  3. そううそ #-
  4. [ 編集]

そううそさん、Libraさんこんばんは。

>あまり自覚がないのですが、どこでそうお感じになられましたでしょうか?
「ブログで引用されている資料」のことですが、友岡さん(他には魯の人さん)
が創価肯定の立場ではありますがそういう困難な状況で創価を少しでもよく
されようとしていることです。
もしかするとそううそさんは(私も)創価100%否定ではないのではないでしょうか。
肯定の割合が多いにせよ少ないにせよ皆の(私も含めて)理解と向上が得られれば
良いなと思いました。
>これも驚きました。どこでそうお感じになられましたでしょうか?
これも友岡さん(他には魯の人さん)の教学などからです。
よく観察すると学会員は個人個人で微妙に教学が異なっているのですが、
友岡さん、魯の人さん、Libraさんらの教学は良識が感じられます。
友岡さんの書籍はシンパもアンチも納得するもので、もしかすると
そううそさんも(私も)(Libraさんも?)良い影響を受けたのではないでしょうか。
>アンチ創価のブログで否定的な事しか書いていないはずですが、日蓮の慈悲や優しさでしょうか?
>じつは日蓮の肯定(慈悲)は私の中にあるのですが、まだ書いていません。
ブログのコメントなどで日蓮が嫌いな方を時々おみかけしますが、日蓮ほど
人々のために涙を流した方もおられないのではないでしょうか。
>Libraさんのサイトほど学会教学を批判と肯定しているサイトはないと思います。
>悪く書くと教学を破壊しているのですが、私のサイトはまだ中途半端でそれほど破壊していません。(笑)
やはり否定すべきところは否定、肯定すべきところは肯定ですね...
  1. 2006/12/13(水) 22:02:23 |
  2. URL |
  3. Leo #-
  4. [ 編集]

>(私も)創価100%否定ではないのではないでしょうか。
肯定は いい人もいる、ぐらいですかね?
>理解と向上が得られれば良いなと思いました。
嘘を書いても信用はされないので可能な限り出せる事で全部ホントの事を書いているはずです。学会本部などは推測もありますけどね。
>これも友岡さんの教学などから
そうでしたか。
>教学は良識が感じられます。
ですね。
>友岡さんの書籍
>良い影響を受けたのではないでしょうか。
そうですね、学会員時代に読んでいればもっと楽に信仰出来たかもしれませんね。
>日蓮ほど人々のために涙を流した方もおられない
なるほど。他の人をよく知らないのですが、日蓮がいい人なのは私も肯定する所です。
>(笑)
(^_^;A
>やはり否定すべきところは否定、肯定すべきところは肯定
全く同感です。創価はほとんど肯定出来ませんが。(笑)
  1. 2006/12/14(木) 00:09:15 |
  2. URL |
  3. そううそ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新コメント

記事一覧

カテゴリー

プロフィール

Author: Libra

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。