仏教と批判的合理主義

宮田幸一説批判──日蓮は法本尊のみを本尊としているわけではない

leaf宮田幸一さんの主張

 宮田幸一さんは、次のように述べて、【法本尊のみを本尊とするのが日蓮の教えである】と主張されています。

創価学会は本尊として法本尊=曼荼羅本尊しか認めていない。〔中略〕
 日蓮本仏論を採用しなくても、創価学会が日蓮の正統を継承しているということは、日蓮正宗も他の日蓮宗も、日蓮の『本尊問答抄』の議論に反して法本尊以外に人本尊を立てているが、創価学会だけが日蓮の教えの通り法本尊のみを本尊としているという点に求めることができる。
正統性は血脈にではなく重要な教えをそのまま実行しているかどうかで判断するという論点は日興の立場でもある。


(宮田幸一「日有の教学思想の諸問題(5) 」、創価大学人文論集第17号、2005年、http://hw001.spaaqs.ne.jp/miya33x/paper4-5.html

 宮田さんのこのようなお考えに対しては、当ブログの記事にてすでに批判を加えておりまして(Libra「創価学会教義の形成の試み」、2011/01/23、http://fallibilism.blog69.fc2.com/blog-entry-26.html)、宮田さんご本人にもそのことはメールでお伝えしておりますが、今のところ返答はございません。きっとお忙しいのだろうと思います。

 今回は、法本尊以外に人本尊を立てることが『本尊問答抄』の議論に反することになるのかという点について、もう少し深く考えてみたいと思います。

[宮田幸一説批判──日蓮は法本尊のみを本尊としているわけではない]の続きを読む

スポンサーサイト
  1. 2017/04/18(火) 14:59:03|
  2.   仏教 [ 日蓮 ]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新コメント

記事一覧

カテゴリー

プロフィール

Author: Libra

友だち追加