仏教と批判的合理主義

斧節

leaf小野不一氏の文章

  小野不一氏のブログ「斧節」を読んでいて、興味深い文章に遭遇したので記録しておこうと思う。

  わたしが関心したのは以下の文章(前後の文脈は各自で確認されたい)。

  長くなったので結論だけ書いておこう。

  ・祈りは絶対にかなう。
  ・死後の生命の存在。
  ・物語としての因果論。

  ここから脱却しない限り、21世紀の宗教たり得ない。これらは既に科学領域で完全に否定されているのだ。

(「スピリチュアル系創価学会員に告ぐ」、http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20110702/p2

[斧節]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011/07/03(日) 04:28:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最新コメント

記事一覧

カテゴリー

プロフィール

Author: Libra

友だち追加