仏教と批判的合理主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日蓮が法主仏従を強調した意図

leaf松本史朗博士の法師品解釈

  「法師品」には「『法華経』の経巻を〝生きている仏陀〟そのものと見なす考え方が説かれていると見ることができる」という松本史朗博士の説を以下に引用しておきます。

法師品─『法華経』の経巻を〝生きている仏陀〟そのものと見なす考え方(松本史朗)
http://fallibilism.web.fc2.com/137.html
  この松本説は妥当であるとわたしは思います。

  よって、日蓮の「法華経は即ち釈迦牟尼仏なり(「守護国家論」)という主張は、『法華経』そのものに根拠があると思います。

[日蓮が法主仏従を強調した意図]の続きを読む

スポンサーサイト

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/03/13(日) 20:34:17|
  2.   仏教 [ 日蓮 ]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

最新コメント

記事一覧

カテゴリー

プロフィール

Author: Libra

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。