仏教と批判的合理主義

『立正安国論』は正しく読みましょう

leaf 事実のねじまげは許されない

   そううそさんが書かれた「地獄論、罰論、メモ(その1)」という記事では、日蓮の立正安国論の【ある誤読】が擁護されていました。その誤読というのは、【日蓮の立正安国論は「私のいうことを聞いて他宗の人間を殺せ」と主張している】というものです。

  このような誤読については、末木文美士先生の以下の文章を引用しておきさえすれば、誤りに気がついてもらえるだろうと思い、ただちにコメント欄に引用しておきました。

 注目されるのは、これらの法難において、決して日蓮側から暴力をもって攻撃しなかったということである。攻撃を受けたとき、確かに日蓮側も武力をもって防戦したが、日蓮側から仕掛けることはなかった。日蓮の過激な言動を見るとき、これは意外にも見えるが、日蓮は決して暴力主義者ではなかった。確かに本書の第七問答では、殺生をも辞さないという文面が見られるが、その点を問題にした第八問答では、「釈迦以前の仏教では、罪人を斬るけれども、能忍(釈迦)以後の経説では、その人への布施を止める」(二二四)と、釈尊以後の仏教では、悪法に対して布施しない、すなわち、経済面での非協力こそ、悪法廃絶への道であるという信念を明らかにしている。日蓮の過激な言動は、『立正安国論』の上奏をも含めて、いわば敵側を刺激し、その行動を炙り出すアジテーションという戦略的な役割を果しているのである。

(『日蓮入門──現世を撃つ思想』、ちくま新書、2000年、p. 95)

  ところが、そううそさんは、誤りに気づかれるどころか、「日蓮の過激な言動と創価学会教義とその批判」という記事を新たに書かれ、【日蓮の立正安国論は「私のいうことを聞いて他宗の人間を殺せ」と主張している】ということをあらためて強調されました。

  わたしとしましては、このような【事実のねじまげ】を放置することはできません。したがって、その記事のコメント欄に反論(2007-08-26 14:03:29)を投稿いたしました。今回は、それを記事にしておきます。

[『立正安国論』は正しく読みましょう]の続きを読む

スポンサーサイト
  1. 2007/08/26(日) 18:20:32|
  2.   仏教 [ 日蓮 ]
  3. | コメント:0

『法華経』が十二支縁起を方便と位置づけている理由

leaf 『法華経』が十二支縁起を方便と位置づけている理由

  前々回の記事「『縁起と一念三千』の付録」では、【『法華経』が十二支縁起を方便と位置づけている理由】についても触れました。そこでは、その理由として、【『法華経』成立当時すでに優勢となっていた「三世両重の因縁」という解釈に対する『法華経』作者の批判的立場】というものを想定してみました。

  しかし、【『法華経』が十二支縁起を方便と位置づけている理由】としては、もう1つ、より本質的な理由があるようにわたしには思えます。今回は、その【もう1つの理由】について、ごく簡単に述べてみたいとおもいます。

[『法華経』が十二支縁起を方便と位置づけている理由]の続きを読む

  1. 2007/08/25(土) 08:47:08|
  2.   仏教 [ 法華経 ]
  3. | コメント:0

日蓮の罰論の問題点

leaf 「地獄論、罰論、メモ(その1)」に対するコメント

  そううそさんが書かれた「地獄論、罰論、メモ(その1)」という記事のコメント欄に書いた拙文を記事にしておきます。

[日蓮の罰論の問題点]の続きを読む

  1. 2007/08/22(水) 18:11:23|
  2.   仏教 [ 日蓮 ]
  3. | コメント:3

「縁起と一念三千」の付録

leaf そううそさんからのご質問に答えて

  前回の記事「縁起と一念三千」に対して、そううそさんから、とても的確なご質問を頂戴いたしました。自分の説明のいたらなさに気づかせてもらえるこういったご質問は、わたしにとってはとてもありがたいです。

  そううそさんとおなじような疑問をお感じになる方もあろうかとおもいますので、今回は、その記事のコメント欄に書いたわたしの回答をそのまま記事にしておくことにします(ただし、2箇所だけ論文の引用ミスを訂正しました)。

[「縁起と一念三千」の付録]の続きを読む

  1. 2007/08/19(日) 14:44:50|
  2.   仏教 [ 法華経 ]
  3. | コメント:0

縁起と一念三千

leaf 山中講一郎『日蓮自伝考』を拝読

  先日、ある方が、山中講一郎『日蓮自伝考──人、そしてこころざし』(水声社、2006年)を送ってくださったので、さっそく拝読いたしました。

  誤っているところが数箇所ありましたが、全体として見ますと、とてもすばらしい本だとおもいました。もしも創価学会が沈み行く船だとしますと、山中さんのこのような業績は、もっとも大きな救命ボートの1つになることでしょう。

  さて、今回の記事は、『日蓮自伝考』のささいな誤りを指摘しようとするものではありません。現時点において、山中さんとわたしとの間で最も大きな対立点になっているとおもわれる【縁起説と一念三千説の論理的関係】について再考してみようというのが今回の記事のテーマです。

  山中さんは、【縁起説と一念三千説の関係】について、「縁起説はこの一念三千の部分観にすぎません」といわれています(以下の資料に引用されている山中さんのご発言を参照)。

宇宙生命論を破す(Leo)
http://fallibilism.web.fc2.com/note004.html

  一方、わたしは、論理的な関係でいえば、縁起説が「本」であって、一念三千説は「末」であると考えています。これは、【縁起説は一般論であり、一念三千説は具体論である】というように言い換えることができるかもしれません。もっとも、「日蓮思想の現代的意味」ですでに説明したとおり、わたしは、【一念三千説は内容的に縁起説に劣っている】というようなことをいっているわけでは決してありません。「本末究竟等」なわけですから、たとえ、論理的には縁起説が「本」であって、一念三千説は「末」であるとしても、【一念三千説は内容的に縁起説に劣っている】ということにはなりません。

  今回は、【縁起説と一念三千説の論理的関係】について、「日蓮思想の現代的意味」とは少しちがう角度から、わたしの考えを述べてみたいとおもいます。

[縁起と一念三千]の続きを読む

  1. 2007/08/15(水) 17:50:56|
  2.   仏教 [ 法華経 ]
  3. | コメント:8

最新コメント

記事一覧

カテゴリー

プロフィール

Author: Libra

友だち追加