仏教と批判的合理主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

真理という名の迷宮

leafウィトゲンシュタイン批判

  ずっと忙しくてブログを更新する暇が全くなかったが、ちょっとだけ時間に余裕ができたので、小野不一氏のブログ「斧節」を読んでいて、思っていたことを書いておくことにする。

  小野氏の意見に賛成できる点を書いてみたところで何の役にも立たないし、何も生み出さないので、賛成できない点についてのみ書くことにするが、それとて、そのすべてを書く余裕など全然ありはしないので、以下に記すことは、賛成できない点のごく一部にすぎない。

  さて、小野氏は、「およそ語られうることは、明晰に語られうるし、語りえないものについては沈黙しなければならない」というウィトゲンシュタインの説を高く評価しておられるようであるが(http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20111205)、わたしから見れば、このような説を珍重するのはとても馬鹿らしく思える。

  これは、わたしがポッペリアンである以上、当然の判断だとも言えるが、いちおう、以下に、わたしなりの解説を試みてみたいと思う。

  〔2012.02.05 補足:ウィトゲンシュタイン研究者によれば、ウィトゲンシュタインの「安易な神秘主義」は「自己の哲学的目標に対する重大な背信」なのだそうだ(鬼界彰夫『ウィトゲンシュタインはこう考えた』、講談社、2003年、p. 83)。〕 [真理という名の迷宮]の続きを読む

スポンサーサイト

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/12/19(月) 04:39:17|
  2. 批判的合理主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

批判的合理主義入門

leaf 批判的合理主義入門

  今回は、批判的合理主義という考え方を、可能な限り単純化して説明してみたいとおもいます(厳密さは無視します)。

  「批判的合理主義」というのは、その名が示すとおり、「合理主義」の一種です。「合理主義」といっても、論者によって意味が異なる場合がありえますが、今回は、批判的合理主義を理解することが目的なので、批判的合理主義者がいうところの「合理主義」さえ理解できれば十分でしょう。

  批判的合理主義の提唱者であるカール・ポパーは、以下のようにいっています。

第二に私は「合理主義」という用語を大略次のような態度、すなわち、感情や情熱に訴える代りに、むしろ理性、つまり明瞭な思考と経験に拠ることで可能な限り多数の問題を解決しようとする態度を示すために用いている。言うまでもなく、この説明は決して満足のゆくものではない。〔中略〕それゆえ、もう少し正確を期すためには、実践上の態度もしくは行動の観点から、合理主義を説明するのがよいであろう。この時、合理主義とは喜んで批判的議論を傾聴し経験から学習する態度である、ということができよう。合理主義とは基本的には、「()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()」ということを承認する態度である。

K.R.ポパー著・小河原誠他訳『開かれた社会とその敵 第二部』第二十四章、未來社、1980年、pp. 207-208

[批判的合理主義入門]の続きを読む

  1. 2007/03/01(木) 20:23:25|
  2. 批判的合理主義
  3. | コメント:65

最新コメント

記事一覧

カテゴリー

プロフィール

Author: Libra

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。