仏教と批判的合理主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

財務なんてどうでもいい

  創価学会には「財務」というシステムがあるが、これは、要するに、「教団に対する供養」である。

  ところで、創価学会は、会則の中で、「釈尊に始まる仏教の慈悲と平和の精神は、大乗仏教の真髄である法華経に集約され、一切衆生を救う教えとして明示された」とうたっているのであるが、実は、その法華経には、「教団に対する供養(=財務)なんてどうでもいい」と書いてあるのだ。

  よって、創価学会員は、「財務なんてどうでもいい」と理解するのが全く正しい。

  法華経には、たしかに、「教団に対する供養なんてどうでもいい」と書かれているので、そのことを以下に少し詳しく紹介しておこう。

[財務なんてどうでもいい]の続きを読む

スポンサーサイト

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/05/15(日) 03:01:56|
  2.   仏教 [ 法華経 ]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

縁起→円融三諦→十如是→一念三千

leaf 文証の追加

   記事「縁起と一念三千」の「文証」の項目の中で、『十如是事』を引用しておいたのは、山中講一郎『日蓮自伝考』の読者の方々を想定してこの記事を書いたからなのですが、『十如是事』の引用に抵抗を感じるような方に対しましては、以下の『摩訶止観』(チギ)の文を文証として示したいとおもいます。

[縁起→円融三諦→十如是→一念三千]の続きを読む

  1. 2007/09/08(土) 22:45:06|
  2.   仏教 [ 法華経 ]
  3. | コメント:1

不軽菩薩の折伏

leaf 不軽菩薩の折伏

   そううそさんの記事「日蓮の過激な言動と創価学会教義とその批判」のコメント欄の中で、不軽菩薩について意見を述べました(2007-08-31 19:42:45)。今回は、それを記事にしておきます。

[不軽菩薩の折伏]の続きを読む

  1. 2007/09/01(土) 01:05:40|
  2.   仏教 [ 法華経 ]
  3. | コメント:3

『法華経』が十二支縁起を方便と位置づけている理由

leaf 『法華経』が十二支縁起を方便と位置づけている理由

  前々回の記事「『縁起と一念三千』の付録」では、【『法華経』が十二支縁起を方便と位置づけている理由】についても触れました。そこでは、その理由として、【『法華経』成立当時すでに優勢となっていた「三世両重の因縁」という解釈に対する『法華経』作者の批判的立場】というものを想定してみました。

  しかし、【『法華経』が十二支縁起を方便と位置づけている理由】としては、もう1つ、より本質的な理由があるようにわたしには思えます。今回は、その【もう1つの理由】について、ごく簡単に述べてみたいとおもいます。

[『法華経』が十二支縁起を方便と位置づけている理由]の続きを読む

  1. 2007/08/25(土) 08:47:08|
  2.   仏教 [ 法華経 ]
  3. | コメント:0

「縁起と一念三千」の付録

leaf そううそさんからのご質問に答えて

  前回の記事「縁起と一念三千」に対して、そううそさんから、とても的確なご質問を頂戴いたしました。自分の説明のいたらなさに気づかせてもらえるこういったご質問は、わたしにとってはとてもありがたいです。

  そううそさんとおなじような疑問をお感じになる方もあろうかとおもいますので、今回は、その記事のコメント欄に書いたわたしの回答をそのまま記事にしておくことにします(ただし、2箇所だけ論文の引用ミスを訂正しました)。

[「縁起と一念三千」の付録]の続きを読む

  1. 2007/08/19(日) 14:44:50|
  2.   仏教 [ 法華経 ]
  3. | コメント:1
次のページ

最新コメント

記事一覧

カテゴリー

プロフィール

Author: Libra

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。