仏教と批判的合理主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

釈尊は「まじない信仰」を否定

leaf 釈尊は「まじない信仰」を否定した

  前回の記事では、『スッタニパータ』第1146詩の「信仰を捨て去れ」というフレーズについて考察し、そのフレーズの意味するところは《既存の宗教を捨て去れ》ということであることを確認しました。
  実際、「釈尊は、当時世俗一般に流布していた呪術・呪文・迷信・密法の類いを禁止し、また批判・攻撃」したのでした(以下の資料を参照)。

釈尊は祈祷や呪術に応じて魔力をふるう神秘を退けた(三枝充悳)
http://fallibilism.web.fc2.com/028.html

  このように、仏教の創始者である釈尊は「まじない信仰」を否定したわけですが、これに反して、すでに部派仏教の時代に「除災のために唱える呪文」である「パリッタ」が仏教にもちこまれています(以下の資料を参照)。また、そのような呪文のたぐいを大乗経典では「陀羅尼(サンスクリット語:dhAraNI)」といっています(原語表記についてはこちらを参照)。

比丘たちは呪術禁止のいましめを守りとおせなかった(松長有慶)
http://fallibilism.web.fc2.com/038.html

  このような「パリッタ儀礼」は、現在も、上座仏教(テーラワーダ仏教)で「一般的に行なわれる」ものです(以下の資料を参照)。

パリッタ儀礼に見られる deva の考察(亀山健志)
『印仏研』54-2、2006年、http://ci.nii.ac.jp/cinii/servlet/CiNiiLog_Navi?name=nels&lang=jp&type=abstract&id=ART0007450636

  しかしながら、仏教の創始者である釈尊が否定したこのような呪文のたぐいは、仏教徒としては素直に否定すべきだとわたしは考えます。そのような考えから、先日、そううそさんのブログ「創価学会員とのやりとり その9」という記事にコメントを書かせて頂きました。その一部を以下にはりつけておきます(ただし、一部省略しています)。 [釈尊は「まじない信仰」を否定]の続きを読む

スポンサーサイト
  1. 2007/02/12(月) 13:59:32|
  2. 仏教 [ 一般 ]
  3. | コメント:1

『スッタニパータ』の「信仰を捨て去れ」

leaf はじめに

  去年(2006年)の8月、わたしは、わめさんのブログ「釈迦が肯定する信仰」という記事にコメントを書かせて頂き、そのテーマに関して、わめさんと少しだけ議論させて頂きました(その議論は、Leo さんのご厚意により、ここに記録して頂くことができました)。ところが、先日、それとは全く関係のないテーマについて調べものをしていたときに、あのときのわたしの議論(以下では、「先の議論」ということにします)には大きな誤りがあったことに気づくことができました。まずはそのことをお詫びして、訂正させていただきたいとおもいます。

[『スッタニパータ』の「信仰を捨て去れ」]の続きを読む

  1. 2007/02/11(日) 02:05:38|
  2. 仏教 [ 一般 ]
  3. | コメント:8

最新コメント

記事一覧

カテゴリー

プロフィール

Author: Libra

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。