仏教と批判的合理主義

宮田幸一説批判──日蓮は法本尊のみを本尊としているわけではない

leaf宮田幸一さんの主張

 宮田幸一さんは、次のように述べて、【法本尊のみを本尊とするのが日蓮の教えである】と主張されています。

創価学会は本尊として法本尊=曼荼羅本尊しか認めていない。〔中略〕
 日蓮本仏論を採用しなくても、創価学会が日蓮の正統を継承しているということは、日蓮正宗も他の日蓮宗も、日蓮の『本尊問答抄』の議論に反して法本尊以外に人本尊を立てているが、創価学会だけが日蓮の教えの通り法本尊のみを本尊としているという点に求めることができる。
正統性は血脈にではなく重要な教えをそのまま実行しているかどうかで判断するという論点は日興の立場でもある。


(宮田幸一「日有の教学思想の諸問題(5) 」、創価大学人文論集第17号、2005年、http://hw001.spaaqs.ne.jp/miya33x/paper4-5.html

 宮田さんのこのようなお考えに対しては、当ブログの記事にてすでに批判を加えておりまして(Libra「創価学会教義の形成の試み」、2011/01/23、http://fallibilism.blog69.fc2.com/blog-entry-26.html)、宮田さんご本人にもそのことはメールでお伝えしておりますが、今のところ返答はございません。きっとお忙しいのだろうと思います。

 今回は、法本尊以外に人本尊を立てることが『本尊問答抄』の議論に反することになるのかという点について、もう少し深く考えてみたいと思います。

[宮田幸一説批判──日蓮は法本尊のみを本尊としているわけではない]の続きを読む

スポンサーサイト
  1. 2017/04/18(火) 14:59:03|
  2.   仏教 [ 日蓮 ]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウィトゲンシュタインの自己撞着

leaf小野氏のご返事について

  前回の記事「真理という名の迷宮」では、小野不一氏のブログ「斧節」を読んでいて、賛成できなかった点のいくつかについて書いてみた。

  そして、本日、久しぶりに「斧節」を拝見して、小野氏からご返事があったことを確認した。

  わたしが確認したご返事は「反証可能性について」と「「絶対正義」が意味するもの」の2つである。

  時間がなかったので、検索機能を使ってピックアップしたので、もしかしたら読み落としているものがあるのかもしれない。

  わざわざご返事をブログに書いて下さった小野氏に心より感謝し、レスポンスが遅れたことをお詫びする。

  以下に、小野氏の今回のご返事について簡単にコメントする。

  なお、小野氏に対する今後のレスポンスも、今回のように遅れるであろうことをあらかじめ小野氏にお詫びしておく。 [ウィトゲンシュタインの自己撞着]の続きを読む

  1. 2012/02/04(土) 05:21:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

真理という名の迷宮

leafウィトゲンシュタイン批判

  ずっと忙しくてブログを更新する暇が全くなかったが、ちょっとだけ時間に余裕ができたので、小野不一氏のブログ「斧節」を読んでいて、思っていたことを書いておくことにする。

  小野氏の意見に賛成できる点を書いてみたところで何の役にも立たないし、何も生み出さないので、賛成できない点についてのみ書くことにするが、それとて、そのすべてを書く余裕など全然ありはしないので、以下に記すことは、賛成できない点のごく一部にすぎない。

  さて、小野氏は、「およそ語られうることは、明晰に語られうるし、語りえないものについては沈黙しなければならない」というウィトゲンシュタインの説を高く評価しておられるようであるが(http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20111205)、わたしから見れば、このような説を珍重するのはとても馬鹿らしく思える。

  これは、わたしがポッペリアンである以上、当然の判断だとも言えるが、いちおう、以下に、わたしなりの解説を試みてみたいと思う。

  〔2012.02.05 補足:ウィトゲンシュタイン研究者によれば、ウィトゲンシュタインの「安易な神秘主義」は「自己の哲学的目標に対する重大な背信」なのだそうだ(鬼界彰夫『ウィトゲンシュタインはこう考えた』、講談社、2003年、p. 83)。〕 [真理という名の迷宮]の続きを読む

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/12/19(月) 04:39:17|
  2. 批判的合理主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斧節

leaf小野不一氏の文章

  小野不一氏のブログ「斧節」を読んでいて、興味深い文章に遭遇したので記録しておこうと思う。

  わたしが関心したのは以下の文章(前後の文脈は各自で確認されたい)。

  長くなったので結論だけ書いておこう。

  ・祈りは絶対にかなう。
  ・死後の生命の存在。
  ・物語としての因果論。

  ここから脱却しない限り、21世紀の宗教たり得ない。これらは既に科学領域で完全に否定されているのだ。

(「スピリチュアル系創価学会員に告ぐ」、http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20110702/p2

[斧節]の続きを読む
  1. 2011/07/03(日) 04:28:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

財務なんてどうでもいい

  創価学会には「財務」というシステムがあるが、これは、要するに、「教団に対する供養」である。

  ところで、創価学会は、会則の中で、「釈尊に始まる仏教の慈悲と平和の精神は、大乗仏教の真髄である法華経に集約され、一切衆生を救う教えとして明示された」とうたっているのであるが、実は、その法華経には、「教団に対する供養(=財務)なんてどうでもいい」と書いてあるのだ。

  よって、創価学会員は、「財務なんてどうでもいい」と理解するのが全く正しい。

  法華経には、たしかに、「教団に対する供養なんてどうでもいい」と書かれているので、そのことを以下に少し詳しく紹介しておこう。

[財務なんてどうでもいい]の続きを読む

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/05/15(日) 03:01:56|
  2.   仏教 [ 法華経 ]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新コメント

記事一覧

カテゴリー

プロフィール

Author: Libra

友だち追加